【問いBOX】目標を「質問の形」にしてみる「質問型目標」のカタチ

今年は1000個の問いをストックして、コーチとしての質問力を磨く!という実験を開始中。

そんな中で、今年の9個目の問い。

9「今年、どうすれば面白い人にたくさん会うことができるかな?」

9番目は、お知り合いのブログで知った「質問型目標」というもの。

「今年は面白い人にたくさん会う!」

だと「目標」となるが、「どうすれば」という問いの形になっている。

目標を質問に変えることで、自ずと「目標を達成するためのアクションを問いかける」形になっているのがとてもパワフルですね!

ということで、メモメモ。

この辺りもチェックする。

そうだ!質問と言えば!

1000問の自分を知るための問いが収録されているという、SHOWEROOM社長、前田裕二さんの本。課題図書。

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)