【サクッと今年の抱負】「10年目の節目をひかえている」というささやかなプレッシャー

年末、カリブ海にクルーズ旅行に行っておりまして、成田に戻ってきたのが大晦日の夜。

そこから、神奈川の実家に戻り、無事家族で年を越しました。

2019年。私にとっては非常に大事な年です。というのも、英語学習コーチとしてのキャリアを歩み始めたのが2010年。ちょうど間も無く10年という節目になるからです。

振り返れば、成長できていないことばかりが目についてしまうのですが(そういうモノの見方をしがちでもある^^;;)「2020年を、必ず自分にOKを出せる年にする」という想いがあります。

そのために、今年は自身の英語力を上げ、指導力を上げ、コーチング力を上げ、発信力を上げ、その先の10年(いや、世の中のスピードが早いし、まずは5年)、自信を持って周りに貢献できる自分を形作っていきたいとおもいます。

「10年目を控えている」というデッドラインは、良い意味でのささやかなプレッシャー。

今年もよろしくお願いします♪

 

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。