筋トレ前のエネルギーとしてどら焼きがオススメな理由と、どら焼きをゲットできるチェーン系カフェがあった!

日々ボディメイク・トレーニングに励んでいる、英語学習コーチの船橋です、笑!(最近の投稿が水着とかばかりなので、本業を名乗っておきます^^ )

今日はジムでのトレーニングをより効果的にする食べ物として、「筋トレ前にどら焼き」がオススメな理由について、書いてみます。

筋トレ前のエネルギー注入は必須!

ジムでトレーニングを開始してからというもの、「筋トレ前の食事(栄養摂取)」にめちゃめちゃ気を使うようになりました。

というのも、エネルギーがスカスカでジムに行くと、全然パワーが出ない。さらには、「筋肉をつけたい」からトレーニングしているにもかかわらず、「筋肉がエネルギーとしてどんどん消費されてしまう」という本末転倒なことが起きてしまいます。

このことを知ってから、ジムの1時間以上前にはおにぎりを食べたりするなど、「絶対にエネルギー(=炭水化物≒糖質)を摂取してからジムに行く!」という行動パターンが育ちました。

パーソナルトレーニング中@threeB(日比谷)にお世話になっております。

どら焼きって太りそうなイメージがあったのに、まさか筋トレと相性がいいとは!

じゃあ、どんな食べ物が「エネルギー源として優秀なのか?」ということです。

ここで私が知ったのが「どら焼きが、エネルギー源としてとってもいい!」ということ。びっくりしましたよ。だって、どら焼きですよw (なんか太りそうなお菓子の代名詞なような気がするのですが・・。)

その理由を調べました!

どら焼きが最強であるワケ・・そのお菓子構成のユニークさ

どら焼きに代表される和菓子って、「餡(あめ)」と「皮」に別れていますよね。この和菓子の構成が、筋トレ前のエネルギーとしてとっても優秀である理由なんだそうです。

なぜかというと、「餡」と「皮」の部分で、それぞれ「エネルギーに変化するまでの必要時間が異なる」からです。

「餡」の部分に当たるお砂糖は消化が早く、トレーニング前半のエネルギー源として活躍してくれる。

そうこうしているうちに、「皮」の部分にあたる炭水化物も消化が進み、トレーニング後半のエネルギー源になってくれるんだそうです。

どら焼きの価値が人生で一番高まった♪

こんな風に1回の摂取で、時間差のエネルギー源として活躍してくれる食べ物はなかなかないそうです。(でも、ジャムパンとかはどうなんだろう?^^構成的には行けそうな気もするなぁ)

どら焼きが普通に買えるカフェがあることに気付いた!

で、「どら焼き最強説」を知ったものの、「一体どら焼きなんてどこで入手するのだろう?」と思っておりました。おもむろにどら焼きを食べるチャンスがこれまでなかったので、「どら焼き」アンテナがありません。

その後、スーパーやコンビニには売っているということに気付きました。

ところがある日!

なんと、チェーン系の大手カフェにどら焼きがレギュラーメニューとして並んでいるのに気付きました!

それはドトールさんです^^

ほら!

ここなら、出先でトレーニング前にちょこっと立ち寄って、どら焼きと豆乳オレか何かを合わせて注文すれば、組み合わせも満足度が高いですし、どら焼きを街中で堂々と食べることができます^^

わーい!

ということで、ドトール率がにわかに高まっている最近です。

トレーニング前のどら焼き、トレーニングしている方はぜひご参考にしてみてください!

英語学習コーチ 船橋由紀子の一言

正しい情報を手に入れなければ、より良い変化を作るのは難しい。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。