夫婦仲良しの秘訣・・・何でも「ネーミング」すると夫婦の「仲間感」がUPする!

何でも「ネーミング」するのが大好き

私はコーチとして活動していますが、実は旦那さんもコーチであり、コーチング的コミュニケーションをベースにおいているため、ほぼ喧嘩をしない、ということを綴っているシリーズ(これまでのシリーズは文末にあります)。

今日は・・・ネタです(いや、半分心理学的要素は入っている)。夫婦のパートナーシップネタをややライト目に。

私たち夫婦は、何でも「ネーミング」するのが大好きです。

具体例を出すと至極バカっぽいというか、それを超えて惚気にもなりますが・・以下に実際のネーミング例を挙げてみます。

夫婦コミュニケーションにおけるネーミング例 あれこれ

  • ソファリーダー
    ソファを選んで購入するという案件を仕切る係りのこと。
    (つまり、なんでも「〜リーダー」が存在する)
    例)「じゃ、ソファリーダーよろしくね!」
  • モンキー
    ダイエットしているのについついフライドポテトを頼みたくなる本能のこと。
    例)「あ!モンキーモードだよ!」
  • ピクニックエリア
    ヨガマットが敷いてある場所のこと。
    例)「ピクニックエリアに行こ〜」
  • 睡眠活動
    単に寝ていること・・なのだが、どちらかというと二度寝的な状態。
    例)「あらあら、睡眠活動ですか?」
  • 腹筋活動
    単に腹筋ローラーを使うこと。
    例)「今日も腹筋活動頑張りまーす」
  • くるまり活動
    単に寝ている中でも、布団にくるまって絶対に起きそうもない状態のこと。
    例)「あらあら、くるまり活動ですか!!」
  • アマゾン活動
    単にアマゾンで買い物をしようとしている時のこと。
    例)「今日はアマゾン活動がはかどってますねぇ(単に買いすぎw)」
    (こんな感じで、「〜活動」と名付けるのが好きです)
  • お家キャンプ
    床(主にピクニックエリア)で飲むこと。
    例)「今からお家キャンプしよう〜!」
  • マルエツデート
    マンションの1階にあるマルエツに買い物に行くこと。
    例)「マルエツデートしよう!」
  • ロングデート
    旅行に行くこと。

他にも色々あるのですが、もう完全に難解なネーミングもあるので、具体例はこの辺にしておきます。

ネーミングって、良いことがたくさんある!

ということで、夫婦のネーミング例をご紹介してみました。このネーミング、めっちゃオススメしたいコミュニケーション手法だと思っています!

何よりも、

  • 関係性に笑いの要素が生まれる

というのは、大事なことですね。あるいは、

  • 些細なことが楽しくなる

というのも、ネーミングの良さだと思います。

この「些細なこと」が「楽しくなる」という点に関して、ネーミングは最強のソリューションではないか!?と思っています。幸せ度をUPさせるのに、とっても簡単で効果的!

「マルエツに買い物に行く」ことを「マルエツデート」と言うだけで、なんだかハッピーな感じが増しませんか?

 

さて、ネーミングの効果をお話ししてきましたが、何よりも、

  • ネーミングで生まれる「チーム感」

というのは素晴らしいなぁ、と思っていたりします。なんか、その「合言葉」とか「掛け声」とかって、とっても「チーム感」が高まります。

夫婦というチームのカルチャーを育む上で、「ネーミング」ってとってもプラスに働いてくれるなぁ、って思っています。

まとめ やっぱり「ネーミング」はオススメです♪

と、いうことで。今回は「ネーミング」という切り口のコミュニケーションの楽しみ方について書いてみました!夫婦や家族・カップルだけの「ルール」ってあると思いますし、おそらく「ネーミング」も其処此処でされていると思うのですが、改めて「ネーミングって、関係性を楽しくするよね!」と♪

 

<コーチ夫婦のコミュニケーションシリーズ>

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。