TOEIC英単語の神本!【金フレ】に出てくる単語の類似語をまとめてみる、correctとrightの違い

TOEICの研修や、個人様の英語学習コーチングで活用している「金フレ」。
TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

その中に出てくる、学習で迷いやすそうな類義語をコツコツとメモっておりますので、こちらに共有します(細々シリーズ化)。

金フレ181:correct「正確な、正しい(形)修正する(動)」

正しいという同義語とには[right]がありますね。この2つの違いを書き留めておきます。

[correct]とは、答えが決まっているもの(答えが一つしかないもの)を表す単語です。

一方、[right]は決まった一つの答えはないものの、「(道徳的に見て・人として)正しい」ことを表します。こう考えると、[correct] と[right]を単に入れ替えてしまうと、伝わるニュアンスが変わってしまう(というか、変)ことがわかるかと思います。

答えが一つしかない問題の「正解」は[correct]ですね!

そしてまた、

You’re correct.
と言った時には、情報(一つしかないもの)の正しさを表しており、

You’re right.
と言った時には、意見(色々あるもの)の正しさを表している、となりますね。

サクッと気軽に読んで勉強になれば幸いです。またアップしますー♪

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)