TOEIC英単語の神本!【金フレ】に出てくる単語の類似語をまとめてみる、firmとcompany / clientとcustomer / chanceとopportunityの違い

はい、表題の通りです^^

TOEICの研修や、個人様の英語学習コーチングで活用している「金フレ」。もう学習書の中ではダントツにベストセラーなのではないでしょうか?

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

その中に出てくる、学習で迷いやすそうな類義語をコツコツとメモっておりますので、こちらに共有します(多分シリーズ化します^^)。

金フレ37:firm「会社」
この単語はcompanyと同義です。が、小さめの会社・事務所のような規模、あるいは士業のようなあるプロ集団の集まりの団体には[firm]や[office]を使うそうです。[company]ですともっと広く一般的に「企業・会社」という意味になります。

金フレ38:client「顧客、クライアント」
[customer]と似ていますよね。この単語はお店の客、モノやサービスの客という意味が強いそうです。[client] になると、「取引先・得意先」などビジネスで関係のある客となり、また継続的な取引関係を持つニュアンスです。

金フレ89:opportunity「機会、チャンス」
[chance]という単語も同じ意味ではありますが、[chance]には「偶発性」を含んでいるのです。なんか、ラッキー!な感じ♪ですね。自分で引き寄せた結果、「機会を得た」という時には、[opportunity]を使いたいですね!努力が伴っている感じがします。

サクッと気軽に読んで勉強になれば幸いです。またアップしますー♪

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)