【問いBOX】ハズレでも、とりあえず質問してみるところから、何かが始まる

今年は1000個の問いをストックして、コーチとしての質問力を磨く!という実験を開始中。

で、昨日のことです。

急いでいたんですね・・・歯医者さんに、笑!

お昼過ぎに英語学習コーチングのアポが、夜にメンタルコーチングのアポがあり、その合間に入れた、渾身の歯医者の予約。渾身・・です、笑!というのも、行けばいいのに歯医者に行くのがどうにも怖くて、足が遠乗りていたんです。が、2019年早々のプチアクション(いや、私にはビッグアクションでした^^;;)と、信頼する東京・八丁堀の歯医者さんへ。

急いでいたので、タクシーに乗りました。確か日の丸交通さん。自宅から「八丁堀までのお好みのルートはありますか?」と聞いてくれ、まぁ定番である、「新大橋通りをまっすぐ行ってください」とお伝えしながら、タクシーに揺られていました。

八丁堀に近づく最中、そのタクシー運転手さんが、こんなことを聞いたんです。

「この辺りのオフィスに、年始の挨拶回りですか?」

と。

いやー、だいぶ恥ずかしくなりました^^;; だって、私が向かっているのは、クライアント先でも何でもなく、歯医者の予約ですから。

で、

「いやぁ、歯医者に行くんです・・・。腕のいい歯医者さんがあって、ずっとそこに通ってて。(気まずい)」

と。

すると、そのタクシー運転手さん、

「いやぁ!そうなんですね!いや、いい歯医者さんに行くって、ホントに大事ですよね!」

と、全力で話しのチグハグを力技で合わせるように、エネルギッシュに応えてくれました。

程なく八丁堀の交差点に到着し、タクシーを下車したのですが、運転手さんの「年始の挨拶回り」の質問と、その後の超絶な勢いでの歯医者フォローに、この方のめっちゃホスピタリティ高いお人柄を感じました。

多分最初の「挨拶回り」の質問は、乗客を労ってくれようとしたんだろう。で、その後も単に歯医者ネタをスルーするのではなく、ちゃんと拾ってくれて。

よくよく考えれば、乗車した時から、気持ちの良いお迎えをしてくれた方でした。

 

この本当に何でもない出来事から感じたこと。的外れな質問も、ちゃーんとコミュニケーションの「呼び水」にできる人の、素晴らしさ。根底に、「おもてなししたい」とか「相手のことを知りたい」っていう、スタンスが現れますね。

そう、何がしかの「想い」があれば、ハズレでも、とりあえず質問してみるところから、何かが始まるのだな、と。

ということで、今日の問いは汎用的ではありませんが、

14「この辺りのオフィスに、年始の挨拶回りですか?」

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)