【問いBOX】「ニューロロジカルレベル」の問いで目標達成を加速させる

さて、今年は1000個の問いをストックして、コーチとしての質問力を磨く!という実験を開始中。

以前の記事で、「ニューロロジカルレベル」について書きましたが、今回も「問い」という角度から、改めて取り上げてみます。

ニューロロジカルレベルとは(おさらい)

これは、NLPの代表者の1人でもあるロバート・ディルツが作ったひとつのモデルです。人間の意識を「環境」「行動」「能力」「信念・価値観」「アイデンティティ」「スピリチュアル」という6つに分けたものです。

自分が書いた、乱筆な図なのですが・・>< 説明図!↓

簡単に、解説をしてみます。

スピリチュアル

これは、自己を越えて、より大きな組織体に、どのような影響があるか?ということです

アイデンティティ(Who)

これは、自分は何者なのか?ということです。

信念・価値観(Why)

これは、行動の裏付けになる”何故”のことです。

能力(How)

能力・・と聞くと理解がしにくいかもしれませんが、これは成功を導くための戦略です。

行動(What)

これは、成功到達に向けて取るべき行動のことです。

環境(Where/When)

これは、成功到達のための環境的機会、あるいは制約ですね。

目標達成したい時、ニューロロジカルレベルに基づいた「問い」を自分に投げてみる

さてさて、ではニューロロジカルレベルに基づいた「問い」を整理しておきます。

スピリチュアル

「誰のためにやるのだろう?」

アイデンティティ(Who)

「自分は何者なのだろう?」「自分はどんな人間なのだろう?」

信念・価値観(Why)

「どうして〜したいと思っているのだろう?」

能力(How)

能力・・となるとニュアンスが難しいが、「〜を成し遂げるために、どのように行動を選択しモニターする(つまり戦略を立てれば)よいだろう?」という感じだろうか。

行動(What)

「〜を成し遂げるために、何をやる(すべき)だろう?」

環境(Where/When)

「〜を成し遂げるために、いつ・・するのだろう?」あるいは「どこで・・するのだろう?」「どういう制約があるのだろう?」

この問いに答えることで、抽象度の高い「想い」や「在り方」から、「具体的な行動計画」まで、目標達成に向けた指針を立てることができますね!

ニューロロジカルレベルのセオリーを超えて、大事だと思うこと。

さて、このニューロロジカルの考え方は、「上位概念が下位概念を支配する」というもの。つまり、「価値観・信念・そしてアイデンティティ」が書き換わると、自ずと下位にある戦略・行動・環境も変わってくる、要はアップデートさせることができる」というもの。

「自分は何者であるか?」という軸がはっきりしていると、そこに影響された行動や環境作りをする・・というのは、ピンとくる話ではないかと思います。

ただし、個人的には、下位概念を常に検討することも非常に価値のあることだ、と思います。ここは、よく「PDCA」などで扱う部分とでも言いましょうか。

個人的に思う、大事なことは「上位も下位も、行ったり来たりしながら、定期的に見直す」ことかな、と。

例えば、「環境(いつ。どこでやる)」みたいなことに問題・・というか改善ポイントがあるとします。

そういう場合、ともすると、根本原因は「どのような戦略で(How)」や「何を(What)」の部分が曖昧だから、「いつどこで」に落とし込んでもうまくいかない場合もあるでしょう。

あるいは、「どうして〜したいと思っているのだろう?」の部分、Whyが書き換わる出来事が不意に起きた時、何らかの戦略、つまり「How」の計画アップデートも必要になるはずです。

簡単なまとめ

この、「ニューロロジカルレベル」。
見ているだけで、どんどん学びが深くなるので、楽しい^^

感じたことは・・下位レベルだけ、上位レベルだけ知っていても、意味がない。

小難しい定義は色々あれど、上記のような、各レイヤーの存在がわかっている上で、各レイヤーに紐付いている「問い」を意識して過ごすことには、すごく沢山の可能性を秘めているな!って感じます。

メンタルコーチングの理論は、まだ道半ば。勉強あるのみである!

 

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。