【雑記】某大学で研修スタート&Facebookの投稿に突っ込まれた件[2018.10.5]

本日午前中、都内某所にて、英語学習コーチングのクラスを担当させていただきました^^

ここから、約半年にかけてサポートしてまいりますが、今日はその初日。

こういう初日に私が大事にしていることは、「参加者様たちが、ご自身の状態を俯瞰できたり、少しでもセルフコーチングできるための知識を共有する」ということです。

例えば、本日ですと「コーチングって、聞いたこと・受けたことありますか?」という質問からスタート。

そこで「あまり馴染みがない」という方には、「ティーチング」という言葉を並べることによって、「コーチング」についての認識を深めていただきます。

  • ティーチング:英語そのものを教える。要は魚を与える、的な。
  • コーチング:英語の効率的な学習の仕方を教える。要は魚の釣り方を教える、的な。

(コーチングの説明の仕方はもう幾通りもありますが、その時々に応じて、3パターンぐらい、説明の仕方を変えています。)

その後、「GROWモデル」という、目標達成コーチングの一つのフレームについても、共有いたしました。

このGROWについては、また別立ての記事を書こうと思いますが、簡単にお伝えすると、

  • G-Goal(目標)を設定し、
  • R-Reality(現状)を把握し、
  • O-Option(選択肢)・・RからGに到達する為の、最適な選択肢を検討し実行する。
  • W-Will(意志)・・そこには意志が存在することで、初めてRからGへの推進力が働きますよ、ということ。

このGROWモデルと合わせて、「BIG WHY」(何の為に英語力を伸ばしたいのか?)を、自分の中に見つけ出していくことが大事ですよ、というお話をさせていただきました。

こういう風に、学習者様・クライアント様に「コーチングそのものの考え方を共有」することの良さは、何と言っても、「コーチと会っていない時の、セルフコーチング力が抜群に高まる」という事。

コーチングするだけじゃなくて、コーチングを密かに密かに、教えてしまうことによる効果は絶大なんです^^ だって、人は誰と一番会話しているか?って、自分の内面との対話タイムが最も多いはずですから。

今日新たに、「そっか!英語学習のコーチングを通じて、私はクライアント様の英語力向上に貢献したい・・と思う一方で、もうクライアント様みんなに、セルフコーチングのプロになってもらいたいんだ!」って思いました、笑!

さて、そんなわけで、

午前中は半年間の研修初日、えいえいおう✨💪

って、Facebookに投稿したところ・・・

えいえいおう!
昭和やね( ◠‿◠ )

・・・というコメントをいただきました。。

その通り過ぎて、何も言えません、笑!!!!

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。