父のこと

(↑2019年10月の一コマ)

2021年12月6日。父が旅立ちました。

その翌週、無事に家族で告別式を執り行うことができました。

最期の日。仕事の後に旦那さんがタクシーをスタンバイしてくれていて、駆けつけ。ギリギリのひと時を母と妹と過ごすことができました。みんなが父の近くを奪い合い泣き笑う10分間。コントのような奇跡の時間になりました。

今年の初夏に病が発覚し、家族総出でサポートする中、何よりも父自身が、回復への強い意志を全く失わなかったこと。最期の最期まで。尊敬の念でしかありません。頑固で面倒な一面もありながら、絶対に私の人生の選択を応援してくれる、良き理解者でした。

そんな父の回復の後押しになれば、と仕事を頑張った面もありました。「私の本の広告が新聞に出ると、父が見てくれる」そんな想いでおりました。

いつまでも、自慢の、大好きな父です!
これからは、これまでよりももっと近くで応援してくれているはず。言葉は返ってこないけれど、私から父にたくさん話しかけて、その中でいい報告ができるように頑張ろうと思います。

・今年11月家族の集まり

公式LINE

新着情報や英語学習のコツを発信しています。ぜひお友だち登録をお願いいたします。

下のQRコードをスマホで読み取り、LINE登録ください。

下のボタンからLINE登録をお願いします。

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。