【独立日記】想いは自然に溢れ出ているのだな

さて、2010年から勤めた会社をこの2017年3月末で退職するにあたり、お世話になった会社様などにご挨拶をしている。もう引き継ぎやご挨拶は95%ぐらい済んでいるのだが、メールのやり取りや直接ご挨拶をする中で、何人もの方に言われた言葉がある。

なぜかみんな知っている

それは、

「いよいよですね!」

や、

「驚きましたが、ごく自然な流れだと感じます」

というもの。

 

(心の中の声→)えーーーーー?!なんでわかるのぉ???

と思うやり取りがとにかく続いたのだ。

で、「なんでわかるんですか?」などとストレートにお伺いしてみた。すると、多くはSNSでもリレーションのある方々で、「フェイスブックで感じる行動量とかチャレンジを見ていると、次のステージに行くというのは至極納得です」というお応え。

 

笑!

次のステージに行きたい!!という想いが日々溢れていたのだなぁ・・・。確かに、「退職する」という決断をするまでが、実は怖くて怖くて、その自分の背中を自分で押してあげられるように、なりふり構わず色々挑戦していたのが、昨年の初夏。

自分で自分を鼓舞し続けるうちに、「独立するぞ」という決断を、本当に周りに言える覚悟が決まったり、後押ししてくれる出来事が起きたんだった。

「振動数」の大事

そう。

「〜したいなぁ」と思っても、行動に移さずに、先延ばしにすることもできたんだよな。じゃあ、「〜したいなぁ」という心の願望をどうやって現実のものにするのか。

私の振り返りを備忘録的に書き記しておきます。

まず、心のなかで「〜したい」を「〜する」に変えること。
(このプロセスだけで語れることは山ほどあるのだが、今回は説明省略)

その後は、もう「行動量」に尽きるのだと思う。
(今回はここを強調したい)

行動量の大事。斎藤一人さんは、これを「振動数」と呼んでいる。

私は、「退職する」という決意とともに、行動量が圧倒的に増えていった。

人に会いまくり(当然独立している人ばかりと会っていた)、毎日コーチングやカウンセリングのYoutubeを見まくり(日々ノートにメモっていた)、生活習慣を変えるべく朝活を始め(もう7ヶ月も毎朝6時からのスカイプ朝礼に参加している)、英語力の高い人に会うべくスピーチコミュニティに入り、英語速読の学校と、英語発音の学校に入り、そんな中で通常の仕事にも従事していた。

確かに、こんな日々の活動をフェイスブックに書いていたら「この人の行動量・・これまでと違うな」と思われるだろうな、笑!

この行動量の増加を知っている人には、きっと私の「独立への覚悟」が伝わっているのだろうな。だから、退職の報告をする際、とっても暖かい言葉をかけてもらえているのかな。

ありがたいことです。本当に。

周りに感謝しながら、過ごしていきたい節目の春でございます。

 

 

 

 

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。