東京マラソン2017走ってきました(その1)

なぜかツイテル!

去る2017年2月26日(日)。コースの新しくなった東京マラソンにランナーとして参加してきました。その報告を簡単にさせていただきます。

「なかなか当たらない・・・」と言われる東京マラソン。私の周りでは、10万円を払ってチャリティーランナーとして参加する枠でも、抽選に外れている方が多くいます。

ただ、私の場合、今回2017年が当選3回目。

ブランクはありましたが、初めて当たったのが2009年。この年は・・・なんと「追加当選」というメールがやってきました、笑!

次に、2回目の当選が2011年。

そして今回2017年が3回目の当選です。

何なんでしょう?東京マラソンが始まって以来全く当たらない・・という方もいらっしゃるのに。有難いことに、これまではご縁があるみたいです。

(しかし「追加当選」はだいぶ貴重でしたね!)

ちなみに、2016年・・・1年前には横浜マラソンに出場しており、今回が4回目のフルマラソンでした。

練習せずに出場・・その結果は

幸運にも2017年東京マラソンに当選しつつ、全くマラソン練習をしなかった私。ヒドイもんですね。

独立に伴うバタバタで、すっかりマラソントレーニングの優先順位が落ち、おまけに1月に足の甲を火傷して、ジョギングシューズを履くと甲が擦れて泣くほど痛い・・。ということで、練習といえば、本番2週間前に皇居を1周。本番1週間前に3kmランを2回走ったのみでした。

で、結果。

4時間54分で完走!!サブ5と言われる5時間切りを死守しました!

よく見ると10キロ〜15キロ地点で、いきなりタイムが遅くなっていますが、これは15分のトイレロスタイム、苦笑。

マラソン準備をしていない私は、当然コース中に設置されているトイレのどこが良いか!(時間ロスがなく立ち寄れるか?)リサーチも皆無・・。

結果、大行列の先には3つしか設置されていないトイレに立ち寄ってしまったわけです。

とはいえ、練習なしでいきなり出場し、5キロあたり最大で35分(つまり1キロあたり7分)ペースで完走!!

 

私なりに考える、「なぜ大して練習していないのに5時間を切れたのか?」その秘訣を、次の記事でご紹介します!

続く。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。