念願の♪マザーハウスのヨゾラ新作【ヨゾラ 2 ウェイ バッグ ワーキング】を購入した

「マザーハウス ヨゾラ」愛用中

自分の「相棒」と呼べるバッグが欲しくて。以前、マザーハウスの「ヨゾラ」に出会った記事を書いた。

それから1年半。実は、ヨゾラが気に入りすぎて、色違いでも購入した(クリーム色のヨゾラが後ろにかかっています)。

 

その後、「ヨゾラ 2ウェイバッグ プラス」というメンズ用のヨゾラがあることも知った。

「プラス」の方が、レディース向けのヨゾラより作りが大きく、荷物の多い私は積極的に購入を検討していたが、「黒いバッグで存在感がありすぎると地味になりすぎるのかな?」などと、やや購入に踏み切れずに月日が経った。(今写真を眺めていたら、またほしくなってきたけど!笑)

その後も、「ヨゾラ トート」などの新作を眺めつつ、「2ウェイバッグ」のような、利便性と遊びゴコロのあるデザインがやっぱり好きだなぁ、って思っていた。

ドンピシャのヨゾラが、やってきてくれた

そして、待望のヨゾラ新ラインナップ「ヨゾラ 2 ウェイ バッグ ワーキング」。

ドンピシャのヨゾラが、やってきてくれた。

ウキウキと、マザーハウス東銀座店へ。そこで、従来のヨゾラと、新製品と「ヨゾラ 2 ウェイ バッグ ワーキング」を比べさせていただいた。

素人である私が撮った写真なのでわかりにくいが。それでも、少しでも見た目で違いが伝われば嬉しいので写真と共にお伝えする。

ヨゾラ Lサイズと ヨゾラ ワーキングを比べてみた

左が、私もこれまでに愛用してきたヨゾラのLサイズ。右が、新製品「ヨゾラ 2 ウェイ バッグ ワーキング」。

ポイントは、「間口が広〜〜〜い」という事。これは非常に便利です。

その良さを確認すべく、東銀座店の店員さんが、白いボードを持ってきてくれました。これ、MacBookの13インチの大きさと同じ、だそうです^^

わかるかな〜!私が、写真の左側の「ヨゾラ(Lサイズ)」を購入した時には、「13インチのノートPCが余裕でバッグに入る!」というスペックがバッグにあれば十分だと思っていました。

一方、この点、新製品の「ヨゾラ ワーキング」は・・・

わかりますか?13インチを【横(ヨコ)】にスッと入れることができる具合が、素晴らしいのです!

すごく細かい話なのですが、「ヨゾラ(Lサイズ)」の時には、「13インチのMacbookを、一度タテに入れた後に、ヨコ向きに直していたんですね。が!「ヨゾラ ワーキング」では回転させる手間がありません。細かい、本当に細かいことなのですが、日々共にいてもらうバッグなのでこの些細なことが本当に大事。

そうだ!新色は「バイオレット」という色を購入しました^^

(マザーハウスさんのウェブより写真をお借りしました)

 神は細部に宿る

さあ、お家にヨゾラの新メンバーがきてくれましたよ♪

この「ヨゾラ 2 ウェイ バッグ ワーキング」。
待ち望んでよかった!と、ご縁に感謝の気持ちでいっぱい。従来のヨゾラシリーズとは、「バッグの間口のサイズがUPしたぐらい?」に考えていたのですが。この「ぐらい?」の変化、侮れません。

間口のサイズUP以外にも、ショルダーベルトにクッションを入ったこと、幅が若干広くなったこと。それから、バッグの側面(体に当たるところ?)全体にもクッションが入っています。見た目は、ほぼ以前のヨゾラと同じなんですが、日々バッグを持ち運ぶストレスを軽減されているのが良くわかりました!
(私は、英語の参考書などいつも荷物が多いのでバッグが重いんです。が「ヨゾラ ワーキング」を使い始めたとたん、軽やかさを感じました^^/)

この微妙と思わせつつ絶妙なアップデート、とても心地よく感じます。

これが、「神は細部に宿る」ってことだなぁ、と。働く女性のストレスを最大限に軽減してくれる、素晴らしいバッグです。

以前の記事はコチラ↓

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。