【雑記】無茶な目標設定の効果[2018.10.24]

先日のこと。

「ブログを1日3記事アップする」
 
という目標を立てた。
それまでは3日に一度しか記事を更新できなかったのに、目標数値を現状の9倍にしたのだ、笑。無茶な目標が何がしかのイノベーションにつながるはずだ、という見立てがあったのだ。
 

やり始めたら、やはり何がしかが変わってきた。

で、ここ一週間の結果・・。
 
10/18 ー 3記事
10/19 ー 1記事
10/20 ー3記事(超多忙)
10/21 ー 2記事(超多忙)
10/22 ー1記事(超多忙)
10/23 ー1記事(発熱w・・喉が><)
 
11記事(達成率 61%)
 
となった。

この結果をどうとらえるか?である。「達成率6割」に着目すると、なかなか不甲斐ない。
 
が!

以前の私は3日に1回しか更新できなかったので、伸び率に換算すると、5.5倍も書けるようになった!
  
しかも、これまでPCからしか更新できなかったのに、今はスマホでサクサク更新できる技も身につけた!
  
内容は、だいぶ短い記事や備忘録も多いけれど、それでだれかに迷惑かけるわけじゃない(笑)。
 

というこで、無茶ぶり目標設定。
いいことしか起きない!と実感しています(^^)
 

英語学習コーチ 船橋由紀子の一言

高すぎる目標設定は「逆にやる気を削ぐ」とも言われるが、何でだか、そうはなっていないのです😊どういうメカニズムか?もうちょっと自分を観察したいです✨✨

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。