【英語学習コーチングのご感想】一緒に伴走いただき、苦手意識を払拭できたことに感謝!

過日、単発の英語学習コーチングでサポートさせていただいた、Kさん(30代、人材教育関係)より「お客様の声」をいただきましたのでご紹介させていただきます。

このKさん、とある「英語のオンラインカンファレンスに参加したい!」という想いがあり、カンファレンス1ヶ月前にご相談くださいました。コーチングでスイッチの入ったKさん、自分にフィットした学習プランですっかりノリノリになり、

英語が楽しくなり、週末〇〇(奥様)との散歩は英語で話すようにしていますw

という状態に!

ちなみに、Kさんにした学習アドバイスの概要です。
たった1ヶ月という限られた準備期間だったので、暗記系のインプットやリスニング力UPのためのシャドーイングに取り組んでいただきながら、「実際に英語を話す」ということの優先度を上げました。そこで、ガツガツとオンライン英会話での実践をしてもらうことを進めました。「今の英語力でも話せるようになること」と「度胸、コミュニケーションの楽しさ」というプラス要素を積み上げて、本番のオンラインカンファレンスを迎えられました。

ちなみに、KさんのTOEICはおそらく650点程度。それでも1ヶ月の学習後、英語のカンファレンスで以下のような状態に!

無事オンラインカンファレンスで充実した時間を過ごせました!!
通常セッションに加え、4人1グループのグループコーチングにも参加し、素敵な仲間と話せる機会にも恵まれました。

という成果を手に入れられました!
Kさん、カンファレンス1ヶ月前は「事前に作った英語の自己紹介を読み上げるのに精一杯」という状態だったんです。成長っぷりが本当にすごい!ご自身にスイッチを入れて、グングンとしかもワクワクと勉強していたようです。
またそもそも、Kさんご自身が人材育成分野でご活躍される「人を育てるプロ」だったことも功を奏しました。自分のマネジメントでもプロらしさを発揮しておられました。お疲れ様でしたー!

以下、Kさんのご感想です。

コーチングしてくれた内容が今でも自分の指針になっています!(Kさん)

今回のコーチングで自身の目標であった、海外ビジネススクールの3日間のセッション参加を果たすことが出来ました。

とてもありがたかったのが、いきなり学習指導をするのではなく「なぜ頑張るのか?」という[why]と、そこから具体的に何を[What]、どう[How]頑張れば良いのかをしっかりとコーチングしてくださったことです。

私は、ラーニング×テクノロジー活用でより多くの個人や組織を活かすことをミッションとしています。そんな中、「改めて自身が仕事を通じて何を実現したいのか?」「そのために今回の機会がどうつながるのか?」という点について、対話を通じてしっかりとセットできました。そのことは、英語学習に留まらず今でも自身の指針となっています。

その上で短期間でリスニング/スピーキングのために必要な学習方法を教えて頂き、とても効率的に準備をすることができました。

今後も、海外のカンファレンス参加を通じて自身の視野を広げていければと思っており、今回一緒に伴走頂いて、苦手意識を払拭出来たことに本当に感謝しています。

ありがとうございます!

(感想ここまで)

Kさん、ご感想を寄せてくださり、ありがとうございました!

♪好評発売中です♪

超コーチング式英会話上達法(アルク)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。