【応援レター009】英単語の、ある発音練習方法

バックナンバーで、メルマガの一部を公開中

本ページではメルマガの「一部」を順次公開しております。(そして、アイキャッチはいつも本文と関係ない写真ですが、妹の結婚式にて。ハッピー^^/)

毎週配信しているメルマガでは、その他に私のリアルタイムな近況や、セミナーのご案内などをくっつけてお送りしています。ぜひ「旬」な内容を含んだメルマガ、ご購読ください♪

https://www.reservestock.jp/subscribe/66486

では、下記はメルマガ第9号です(2017.5.13配信)。

 【応援レター009】英単語の、ある発音練習方

(以下、メルマガ本文です。読みやすいように若干の編集を加えています。)

私は幾つかの英語スクールに受講生として登録しています。

そのうちの一つが、発音矯正スクール
「ドクターDイングリッシュ」。

https://dr-d.jp/

こちらのおかげで、発音にだいぶ自信が持てるようになったのはもちろん、発音指導力が変わりました。手前味噌ですが、おそらく劇的に変わりました^^ですので、英語学習者としても指導者としても、ドクターDさんのところに行ってよかったなぁと思っています。

(あ、この記事は宣伝ではありませんが、でもD先生とは仲良しなので宣伝したい気持ちです!)

苦手な英文箇所を克服するアプローチ

そのドクターDのレッスンで実践した、「苦手な英文箇所を克服するアプローチ」がありまして。

どなたにもお気軽に試していただけるのでご紹介します!

レッスン時、私は特に「発音しずらい長めの単語」に苦戦していたのですね。

例えば、
resilience
(回復力)

という単語をピックアップします。
(いやー、rもlもあって、言いにくい^^;;)
(発音記号だと”rzljns”)

最近、「レジリエンス」というカタカナでもよく言われますね。

この単語に対して、もちろん細かい子音母音の音を正確に出す詳細なトレーニングもあるのですが、以下のこんな方法で単語がぐっと言いやすくなります。

練習手順ー1

単語の、アクセントの乗っている箇所から”後ろ”だけ、単語を言ってみる。

resilienceであれば、[si]にアクセントが来ています。

なので、reをとりあえず省き、[si]lience をですね、

[si]lience [si]lience [si]lience [si]lience

とリズムを刻むように繰り返します。
[si]に拍をおきながら、言うのです。

まるで、トーン トーン トーン トーンというリズムに当てはめるように
[si]lience [si]lience [si]lience [si]lience
を、繰り返し言うのです。

そうしようとすると、アクセントの乗っている、[si]の部分はしっかりと発音し、その後ろはやや適当になります。
(それがOK!!)

その練習を沢山したのち、

練習手順ー2

省いた、アクセントより「前の部分」をくっつける。

「超おまけのように」くっつけるがポイントです、笑!

引き続き、リズムはアクセントの位置を軸にして取ります。

[si]lience [si]lience [si]lience [si]lienceだったものを、

re[si]lience re[si]lience  re[si]lience re[si]lience

にします。

あくまでも、reを、[si]lienceの前に「おまけ」的にノンストレスでくっつけてみるんです。

さっきやった、トーン  トーン  トーン  トーンというリズムに当てはめるように
re[si]lience re[si]lience  re[si]lience re[si]lience
を、繰り返し言うのです。

そうすると、なんか、英語っぽく発音できませんか?

(できますか?ドキドキ)

無駄な、日本語っぽい音が排除されて、綺麗に単語が発音できる・・・はずなんです^^

上記のトレーニング。単語に満遍なく力を入れてしまわずにアクセントの部分だけしっかり発音し、その他の部分の「力み」を取るのに効果的ですよ!

ざっくりした発音レクチャではありますが、ご参考までに!

メルマガご登録、お待ちしております!

毎週火曜日、英語学習にエールを送る【応援レター】をお届けしています。メルマガでは、上記のような本文を始め、アタフタした近況などなど(笑)、お届けしております。本バックナンバーを通じて、私のメルマガに興味をお持ちいただけたら嬉しいです!

https://www.reservestock.jp/subscribe/66486

ご登録を、お待ちしています♪

 

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。