英語学習コーチ9年と7ヶ月の今だからどうしても挑戦したいこと

今日は日記です。

最近はもっぱら、ベストボディジャパンの日本大会に気が取られている日々(笑)。大会当日は11/17ですから、後3週間を切ったところです。トレーニングに加えキックボクササイズを加えて、なんとか下半身を絞り込みたい・・と思っているところ。

と、トレーニングに没頭したい自分もいる傍で、英語学習熱がかつてなく高まっています。その理由は、表題に書いたように、私にとって意味のある時期を迎えようとしているから。

以前勤めていた英語コーチングスクールに勤務し出したのが、2010年4月21日の水曜日でした。それから数えると、私のコーチとしてのキャリアが後半年弱で10年になるのです!

うーん、「10年もこのお仕事をしているのにまだまだ未熟だなぁ・・」と感じている、今この瞬間!(笑)

じゃあ、この節目に何をしたいか?

というと、これまでいつもコーチとしての仕事が先に立ってしまいおざなりにしてきた、自分自身の英語学習に取り組みたい!という想いが強いです。とにかくこの10年弱、忙しくしすぎてきました。スクールに務め出した頃は「コーチとして早く一人前になりたい!」と色々な仕事を引き受け、独立してからは「自分の理想的な英語学習コーチングを追求したい!」と、心理学系の学びと、講師としてのスキルアップに傾倒してきました。その結果、「英語そのもの」の学びが最小限に。

英語に触れない日はありません。でも、そうなるとキープでしかありません。

これまでも、宣言しては不甲斐なく実行でき切らなかった自分の英語学習。英検(もうずっと言っているのにできてない、いい加減やる!)とTOEICで2020年3月までに結果を出すことを目標にします!

まだゴールしか具体的ではありませんが、とりあえず宣言。

実は、トレーニングを始めて、ベストボディジャパンに挑戦し始めて「とってもよかったなぁ」と思っていることがあります。

それは、

努力は裏切らない。

という信念が強化されたこと。筋トレは、頑張れば結果が出ます。コンテスト自体は他人との比較競技なので、自分の頑張りが報われないこともありますが、トレーニング自体は裏切ることがありません。

その意味で、

筋肉は裏切らない。

は名言だと思っています(笑)。

そして、英語学習も筋トレと一緒。自分が頑張れば、結果がついてきます。誰かとの戦いではなく、自分自身の取り組みです。

今の私だからこそ、改めて自身の英語学習で、筋トレのように結果につなげたいという想いです。

続く。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。