3ヶ月チャレンジを綴ります!

(写真は本文とは関係ありません^^)

今年はとにかく勝負の年だと思っていて

この4月、独立3年目。

周りの皆様に・クライアント様に支えられながら、思えばほとんど営業せずに(しろよって感じなんですが、色々追い付かず)、ここまでお仕事をご依頼いただきながらコーチ・講師・MCとして活動してきました。本当にありがたいご縁に恵まれてきました。

が、今年はとにかく勝負の年だと思っていて。

コーチとしてのキャリアをスタートしたのが、2010年だったのですね。つまり、この4月で、コーチ10年目なんです。

緊張します。10年目。

思えば遠くへ来たものだ!と思う一方で、何も成長できていないんじゃないか、と思うことも多く。

「成長したい!」という思いから、1〜3月は、さらに働くことに拍車がかかりました。

おかげで、これまで以上に経験を積み上げた期間だったのですが、徹夜の日ができてしまうようなスケジュールになってしまい・・。

自分の中で、「体力的に疲弊しちゃう」という不安と。そしてまた、仕事に応えることでグングン成長できている一方、案件のステージがステップアップし始めている為に「自分の成長度合いが追いつかない・・・このままだとまずい」という不安と。

幾つも警報が鳴りました。

ぐぐぐぐッと、仕事を減らす時期を作って

そこで、この4月・5月は、ぐぐぐぐッと、仕事を減らす時期に位置付けました。

その分、自分のチャレンジごとに時間を使いたいと思います。(ああ、思えば、独立して2年間、何度も自分自身の能力開発に時間を使いたいー!と思い、何度かブログにも書いているのに、結局大した実行に至っていない、情けない状況・・・)

その中身はまた後日シェアさせていただくことにして。

ふと、思いました。

私は、これまで、期間を決めて「グワー」っと頑張ることで、人生で財産になる達成体験・・のようなものを手にしてきたのですね。

 10年前、英語学習コーチになるきっかけになったのは、2ヶ月独学でTOEICに没頭したから、だし。

3年前には、2ヶ月と決めて発音上達の公開チャレンジをしたり。

それから、素人フルマラソンで4時間台を達成したのも、やはり1ヶ月チャレンジごとにしたから。

なんでも、短期プロジェクトにするのが好きなのですね。

さらに今回は、チャレンジをしながら「どうやって私はチャレンジを成功させることができるのか?」を、コーチとして、俯瞰的に・分析的に、記録に残していきたいと思います!

成長しなきゃ!と思えるタイミングが意味するもの

心理学的には、過去の経験が自分の信念や価値観を作り出していくわけですが、だからと言って、別にこれまでの過去の成功体験に引っ張られる必要はないのですが。

とはいえ、今、過去の体験と紐付けると「頑張って乗り越えることで、成長する時だぞ」というサインを、いくつもキャッチしていまして。

振り返ると「無理め」な仕事のオファーを乗り越えることには、いつも成長がありました。私は、特に「行動」することで、後から「自信」をつけて行くタイプの典型です。基本的に、その前段階では、謎の自信とかを持てないタイプです。「無理め」にチャレンジして、(なぜか頑張りきれて来た)結果と共に、自分自身のセルフイメージもアップさせてきたような気がします。

そして、そうなんです。「無理め」な仕事のオファーが来まして。船が動き出してしまいました、笑。内容はまたいずれ綴りますが。はい、今、成長の時期っぽいです(成長ホルモンの出る22時〜2時にはちゃんと睡眠を取りながら頑張るのだー!なんとなく成長つながりで思ったw)。

自分の、成長に向けたチャレンジの一環として、ブログも(メルマガも)この4月から改めて更新するぞー!と思っています。

メルマガ(無料)登録はこちら

あなたの英語学習にエールを送る【応援レター】(毎週1回不定期 配信)

この記事を書いた人

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC
MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月独立。
エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、研修講師ほか、MC・ナレーターとしても活動している。